ヘッダー

何もオプションを付けない価格設定で500円です

せっかくiPhoneで撮り溜めた写真、そのままデータとして忘れ去られるのは勿体無いですよね。 フォルダ分けして保存したり、SNSなどに載せたりしてる人は多いです。 これが例えば旅の記録、趣味の財産は、出来るならデータではなくちゃんと形で保存しておきたいですよね。
そんなときに使うのが500円ブックレット作成ツールです。
今回はまずワンコインで買える2つの会社を比較しようと思います。 では、どちらのシステムが使いやすいのかという点を重点的にフォトブック比較を徹底して調査してみようと思います。 まず一番最初は「TOLOT」です。 この「TOLOT」はワンコインで使えるうえに、なんと送料が嬉しい事に無料なんです。 純粋にワンコインの500円で使えるのは使用する側からすると、これはまた嬉しいですね。 そして使い方も非常に簡単です。 まずは会員登録を済ませ、最大62枚まで写真をセレクトして選べます。 ここでは旅行や大きなイベントのアルバムを作るなら、そして全部で62枚というのは丁度良い手頃な持ちやすいサイズかもしれません。 次は表紙の選択ですが、見てみると種類が108種類と非常に豊富ですし、やはり、トータルの全体の雰囲気に合わせた表紙をつけれるのは、本当に良いですね。 そしてプレビューで完成のイメージを確認します。 納得出来るものであったのならそこで完了を押せばOKです。 これは実際に最後に、注文ボタンを押して、アップロードをして、これからお支払い明細を確認して終わりです。 500円の支払い方法も数種類から選べるので、これはかなり便利です。 大体、注文から5日~3週間ほどで大凡到着します。 いつあmでにオーダーすれば到着するのか、これがフォトアルバムで少しでもし気になるようなら配信状況も常時あります。 これは確認出来るので、これは到着に合わせた予定等も組みやすいですね。

ページ数を増やせば500円ではなくなります

失敗しないためには

どうせ作るのであれば500円でなくても良い?

さて、次は「500円という価格設定」です。 先程の「TOLOT」とのフォトブック比較をすると、まず一番最初に目につくのが送料が90円かかってしまう点ですね。
機能自体はこの価格なのですが、これを送料を込みすると590円になってしまうので多少マイナスポイントになるでしょうか。
さて、それでは使い方ですが、こちらも非常に簡単です。 システムを起動するとオープニングページに飛び、大きくでかでかと「今すぐご注文」というボタンが現れます。 「今すぐご注文」を押下します。 すると、1000円のハードカバータイプとワンコインのソルトカバータイプのどちらかを選ぶ画面が現れます。 全体のサイズや、値段、製本などが書いてありますが、これが今回はソルトカバータイプの方の説明で行きます。 まずは34種類の表紙の中からお好きな物を選びます。 その際、写真の位置の微調整も出来ます。 枚数に関してはチョット500円のものこれとは異なり特殊です。 そして48ページある内から、1ページに4枚画像を貼り付けたりします。 これは逆に1ページに1枚のデータを大きく載せることも可能です。 更には置く位置、サイズも変更出来るので、これは非常に自由度が高く製作者の好みを反映出来ます。 最大で192枚まで入れられるので製作者のセンスが問われますね。 そして最後に注文をします。 注文時に連絡先から登録が出来るので、面倒登録を短縮出来るのが非常に便利です。 しかし、残念ながら先程も申し上げたとおり、500円でもここで送料が90円かかってしまいます。 そして大体一週間前後で完成したブックレットが到着します。 さて、今回2つの会社のコンテンツの比較をしてきましたが、結論から言えばどちらも一長一短のようです。 「TOLOT」は送料がかからずワンコインで雰囲気を楽しめます。 非常に豊富な表紙が魅力でありまうs。 全部で62枚の数でを載せられるので、非常にバランスよくまとまっています。 メーカーを500円でまずは試してみたいという人にお勧めです。 対して、後者の方は、送料がかかってしまう分、純粋なワンコインではなく必要最低限といったところあります。 表紙の種類も「TOLOT」と比べると少ない34種類です。 しかし、それらを補って余りあるほど写真の部分に関しては自由度が高く、色々やれるのです。 とりあえず注文して作るという人より、自分がどういうイメージで作りたいか決まってる人が使うツールですね。 初心者は「TOLOT」を使い、「500円」は明確なビジョンがある人が使うのがいいでしょう。

せっかく作成するのであれば500円よりも質を優先

敬老の日の贈り物やプレゼントに

カレンダーとして飾る

マックでも簡単にできる

500円でなく無料で毎月1冊貰えるノハナ

28ページのふとブックが0円という価格破壊の業界に驚きです。 500円でも安いと思ってましたが、ノハナというアプリでは「14×14cm」の28ページが無料で毎月送ってきてくれるのです。 送料だけ216円掛かりますが、それ以外なしという仕組みは何でしょう? 累計発行数500万冊ということは、普通で考えたら膨大な赤字ではないかということですが、オプション料金で採算を取っているのでしょう。 500円のフォトブックのように画質が悪いですが、オプションでお金を掛けることで良い品質にしてくれるサービスがあるようです。 また、スマホのアプリなので自然と使ってしまう仕掛けになっているのでしょう。

満足の行くアルバムなら500円以上の価値がある

基本的には500円タイプは「TOLOT」と同じ起動後にすぐ試せるボタンがあるので、気軽に試す事が出来ます。 自分のあってるかどうか見極めてから使用することが出来るので初心者にもお勧めです。 そして「ワンコイン」の作成できる写真枚数ですが、48ページと「TOLOT」と比べると若干少ないです。 ですが、1ページに4分割の写真を挿入出来るので、写真サイズは小さくなっても1ページに沢山入れたいって人には最適な選択肢ですね。 「500円フォトブック」の特徴は本文レイアウトが22種類と豊富に揃えられております。 1ページに4画像を入れることが出来るので自分の思いどおりにレイアウト出来ます。
逆に1ページに一枚の写真を丸々使うことも出来るので、非常に印象に残るアルバムを作ることが可能です。
比較の最後は「nohana」です。 「nohana」は他2つの操作方法と違い起動時に登録が必要になります。 チョット試しに使ってみるという用途では若干他2つに見劣りするのは500円というのは否めません。 「nohana」の作成できる写真枚数ですが、28ページとなり、これは一番少ないです。 表紙や奥付も考慮すると実質20ページくらいになってしまうでしょう。 これは少々残念な要素ですし、やはり「nohana」の特徴としては、友達や家族をグループに招待すればアルバムデータを共有できる点です。 当然、共有したアルバムデータをブックレットとして500円で印刷することも可能です。 しかも、月に一回無料で冊子を作成出来る機能もあります。 残念ながら送料が90円かかってしまいますが、それでも十二分に使える機能ですね。

送料やページ数などを500円だけでなく確認しましょう


フォトブック比較~ママに一番選ばれているのはどこ?

サブコンテンツ

一年ごとに作るなら

値段ではなく嵩張らない様な収納も踏まえたスタイルを注文しましょう。 毎年アルバムが増えていくことになります。

このページの先頭へ