ヘッダー

カレンダーは貰う方は実は嬉しい

オリジナルの卓上のカレンダーを作りたいという人は多くいるでしょう。 表計算ソフトを使ったり、あるいはワープロソフトを使ったりすれば、自分で作ることもできるでしょう。 レイアウトについては自分で作った方が自由がきくのですが、やはり画質の面や、紙質の面などを考えれば良いのです。 フォトアルバムはプロに依頼したほうが良い場合は多いと言えるでしょう。
やはりプロに依頼すれば高くなるのではないかと考える人もかなりいるようです。 これは高くて個人では購入できないと言うほどのものではありません。
では、どこに依頼すれば良いのかというと、専門のアルバムを作成している業者に依頼するのが良いです。 このオリジナルのブックレットと同じように考えれば、こうした選び方は分かるでしょう。 画質や髪質の面についても、フォトブック比較と同じように選べば良いでしょう。 ただ、大きさなどは異なってきますから、現状でどのような種類があるのかを把握しておくことは必要となってきます。 人気の高いものとしては卓上カレンダーがありますが、これはデスクの上に置くことのできるようなタイプです。 既存にある日本での規格に沿っていますから、これが現状では、こうした一般で基本のサイズはいくつかのオプションに種類があります。 見積もり的には1000円から2000円くらいのものもありますから、このように手軽に作ることが簡単にできると言えるでしょう。 これは当たり前のことなのですが、一般的にサイズが大きくなれば、これにそこから比例してそれに伴って、また、その分だけの掛かるコストとしての制作費は高くなると言う傾向があります。

職場のデスクなどにも飾れるカレンダー

失敗

春夏秋冬カレンダーに合わせた写真を選択

小物ですから、ちょっとしたカレンダーがプレゼントに用いるのには適していると考えられます。 サイズは色々なものがありますが、正方形の形をしたスクエアタイプと、ポストカードタイプのものが主流です。
また、リングで閉じられているものもあります。
使いやすいサイズとしてはこの3つくらいになるでしょうし、これはリングで閉じられているものの中には、卓上カレンダーとして用いる事ができるとともに、こうして比較しても壁掛けとしても用いる事ができるものもあります。 両方の用途で使うことができれば、シーンに合わせて使い分けることができます。 壁掛けタイプのものになると、少しコストは上がりますので高くなります。 そしてA3くらいになると2000円台後半から3000円台というのが一般的です。 壁掛けと言ってもA3のものもあればA4のものもありますから、どちらが良いのかを考える子主必要となってきます。 また、2ヶ月が1枚に表示されている6枚綴りのものと、定期のカレンダーのフォトブックで1ヶ月が1枚に表示されているような連続の12枚綴りのものとではもちろん費用も異なります。

世界に一つしかないカレンダーになります

敬老の日

マック

500円

毎年の記録に残るカレンダーにできます

どちらにするのかを考えることも必要となってきます。 1枚に1年分が表示されているカレンダーのタイプもありますが、これはかなりサイズが大きくなります。
A1かA2というのが一般的です。
相場的にはどれくらいになるのかというと、2000円台くらいになることが多いです。 1枚ものの場合には、1枚の紙で届けられますから、他の部分で色々なことを選ぶ事は必要ありません。 しかしながら、何枚か綴りになっているカレンダーについては、どのようにして綴られているのかを比較することも必要です。 リングで閉じられているものもありますので、開始する月を自由に選ぶこともできるというメリットがあります。 過ぎた月を後ろに回すことができますから、使い終わった後も保存しておきたいという人にとっては、このリングタイプのものが良いでしょう。 いつまでも捨てずに保存して欲しいという人にとっては、リングタイプのものが適しているでしょう。 ただ、コスト面を考えれば、金属で閉じられているタイプのもののほうが優れています。 カレンダーを作成するときにも業者やメーカーのサイトを活用するのが良いのですが、フォトブック比較と異なる点は大まかにはこのような点です。 一般的に見ても、手が出ないと言うほどのものではありません。 ただ、大量に必要とする場合にはシビアに計算していくことは必要です。

誕生日や記念日を書き込んでカレンダーを作成


TOP

サブコンテンツ

毎年楽しみなカレンダー

毎年の決まりごととして自分の家でしか作れないオリジナルのカレンダーを制作しましょう。

このページの先頭へ