ヘッダー

複数冊作るなら、断然しまうまプリント

お互いの両親にも送るなら最低でも三冊は必要になります

基本的に注意しなくてはいけないのは、やはり、しまうまプリントに限らずです。 ほとんどの場合一冊しか作成しないということはあり得ないのです。
ですから予算は複数冊で考えなければいけません。
ある意味、そうなってくると、ある程度のボリュームのものを作るとあっという間に一冊二千円以上になってしまうパターンがほとんどです。 それを、ここでは何冊か作るのですから結果的には数万円と費用が膨れ上がってしまうケースがほとんどです。 親からすれば、入れたい写真を絞り込むのは非常に難しくなります。 ここで比較して節約のために切り詰めるなんてことは、実は逆に余計に時間と手間がここでは掛かってしまうのです。 結果的に、満足のいかないような仕上がりになってしまったりして、やはり最終的に失敗すれば後悔することになるでしょう。 このような状況になってしまうことを回避するためには、また最初からしまうまプリントのような驚くほどの低予算でフォトブックが注文できる会社を選択したほうが良いでしょう。

費用を気にせずに好きな写真を入れたいならしまうまプリント

失敗しないためには

ジジババや親戚の分もしまうまプリントならOK

これは、しまうまプリントだけでなく他者でも言えることなのですが、既存のフォトアルバムを比較するとどうでしょうか。 一番面倒くさいのはあとからジジババや親戚などに欲しいとせがまれることです。 家族や兄弟だけでなく、年賀状を送るような距離感の年配の家庭は欲しがることが多くあります。 また、これもケチって渡さなかったりするとどうでしょうか。 あとでウチだけ貰ってないなどと面倒くさいことを繰り返し言うような年よりは実際に多くいるのです。
もちろん全てのデータを保存してあればよいのですが、最初からやり直しとなったりもう一度発注となると時間も掛かります。
やはり、ここではある程度予想して最初から近場の分も作成しておいたほうがベターでしょう。 結果はそれも、しまうまプリントなら低価格ですので常時、気兼ねなく行うことができます。 仮に一冊ワンコインで済ませられたら、五冊でも三千円以内で収められますので、フォトブックでの出費も抑えられるでしょう。

五冊以上頼むなら低コストのしまうまプリント


敬老の日の贈り物やプレゼントに

カレンダーとして飾る

マックでも簡単にできる

500円で本当に大丈夫?

フォトブック比較~ママに一番選ばれているのはどこ?

サブコンテンツ

ケチらず写真を選べるしまうまプリントのメリット

実は非常に時間がかかって大変なのが写真選びでこれが、何年分も溜まっていると数週間も掛かってしまうことがあります。 しまうまプリントはそういった所の労力を抑えることができるのです。

このページの先頭へ